営業本部

C・U

提案内容の幅広さ、自由度の高さがこの仕事の魅力

東京第一営業所

血液浄化チーム

部署を問わず、お互いにサポートする社風。

  • 部署を問わず、お互いにサポートする社風。

大学で有機化学を専攻していたこともあり、国内の化学メーカーを中心に就職活動をしているときに出会ったのが親会社のカネカです。もちろん存在は知っていましたが、あらためて企業情報を集めてみて事業領域の広さにビックリ! その中でも医療業界を下支えする当社の業務内容に魅力を感じて、製品のこと、会社のこと、業界のことを俯瞰できる営業を志望しました。

 

現在は営業担当として、大学病院や透析クリニックを訪問して製品を提案しています。まずは患者さんについてヒアリングをして、広く情報を集めるところからスタート。一人ひとりの症例に合う自社製品と具体的な治療方法を提案していきます。

 

カネカメディックスの血液浄化製品は競合が少ないこともあり、医師やスタッフの方々に製品の特長を知ってもらう必要があります。会話の中からニーズや興味を引き出し、採用につながるアクションを組み立てていくのが腕の見せどころですね。社内のマーケティングチームにサポートしてもらいながら提案資料を作り、工夫しながら“刺さる提案”を進めた結果、製品の良さが認められたときの達成感は格別です。

知識・経験の前に、大切なのは、何事にも興味を持つこと。

  • 知識・経験の前に、大切なのは、何事にも興味を持つこと。

決め手でいうと先輩からのアドバイスが大きかったですね。「学生のうちにやっておいた方がいいことはありますか?」という質問を、選考過程で先輩社員にしたことがあるのですが──『前もってやっておくことは特にないよ。これから医療機器のプロとしてやっていくのだから、知識や経験の多くは入社後じゃないと身につけられないものばかり。ゼロからでも成長できるので安心してください』というアドバイスをもらいました。

 

これまでの専攻だけでなく、社会人として働くことが初めてなので不安も数々ありましたが、先輩の親身な姿勢に迷いを打ち消してもらいました。

 

先輩や上司の多くもゼロからこの業界に飛び込んできた人ばかりです。製品知識だけでなく、疾患や治療に対する理解は実務を通して覚えていくことができますし、そうして身につけた知識は一生ものです。大切なのは何事にも興味を持って能動的に動けるかどうか。目先の結果にとらわれず、周囲への気配りや心配りができる人であればきっとうまくいくはずですよ。

  • 私と製品

    新製品として担当していた血液浄化器「レオカーナ」は、使用後すぐに効果を実感できるものではない上、効果に個人差がある製品です。そうした中でレオカーナを使用している患者さんとご家族から直接お礼の言葉をいただく機会がありました。効果をご実感いただき、ご使用の感想をご本人の口から伺えたとき、この仕事を選んでよかったと心の底から実感しました。

  • オフタイムの過ごし方

    カラオケ・映画・キャンプ・ゴルフなど、家族や友人と休みを合わせて出かけることが多いですね。また、同期や後輩、新入社員を誘って企画していたBBQなどのイベントが、社会情勢的になかなか実施できていないため、もう少し世の中が落ち着いたときに自分が幹事をして盛り上げていきたいです。